長府製作所は石油・ガス給湯機器をはじめ、住宅関連機器を扱う総合メーカーです。

  • サイトマップ
  • English

  • ショールーム
  • 製品カタログ
  • Q&A
  • 特約店様向け

電気温水器

バスルームもキッチンもいつでも快適&お得に給湯!

安心・便利な機能がたくさん!
しかも、いざという時にも安心の設計です。


ステンレスパイプ使用で耐久性向上

本体内部に使用しているパイプ(給水・出湯・排水パイプ、ふろ熱交換パイプ等)全てにステンレスパイプ※1を採用し、耐久性を向上させました。

※1 接続部に樹脂や真鍮を使用しています。


腐食に強い!


ヒータにも耐食性に優れた
特殊ステンレスを採用!

ヒーターにも耐食性に優れた特殊ステンレスを採用!




震度7相当の地震に耐える設計

「角型タイプ」は、本体の重心を低くし、固定脚を4本にすることで、「丸型タイプ」は固定脚の強度を見直し(脚は3本のまま)によって「震度7相当」※2及び耐震クラスS対応※3の地震に耐える安心設計としています。

※2 周期0.8秒、加速度7m/s2にて加振。

※3 「建築設備耐震設計・施工指針」における「局部震度法による建築設備機器の設計用標準震度」の耐震クラスSまたはAの基準を満足することによる(地階及び1階において)。DO-5510は「耐震クラスA対応」。

   3面壁構造

停電時でもお湯が使える

角型タイプは災害等による停電時でも、本体内に残っているお湯を給湯設定温度に近い温度で使用できます。
<注意>
・湯温を確認してからお使いください。
・停電時には沸き上げ・沸き増しはできません。
・断水時はシャワーや蛇口からお湯は出ませんので、非常用取水栓を使用してください。



断水で困った時もタンクの水が使用可能

角型タイプは、断水によって蛇口からお湯が出せなくなってしまった時、かんたんなバルブ操作で本体内の水を取り出せます。

・機器の排水ホースを利用    
排水バルブの操作で、バケツ
に取り出すことができます。

  

断水で困った時もタンクの水が使用可能



汚れにくい外装できれいが続く

外装には、油性の汚れも雨水の力で落とす耐汚染性塗装鋼板(「親水性塗膜」処理の溶融亜鉛メッキ鋼板)を採用。排気ガスやスス等の汚れが低減されます。

※4 2004年10月から採用


    

汚れにくい外装できれいが続く



台所とお湯はりで異なる温度設定が可能

「お湯はり」と「シャワー・給湯栓」へ違う温度でお湯を同時に供給できます。※フルオート、オートタイプのみ

お湯はり時の安定した給湯を実現

    

台所とお湯はりで異なる温度設定が可能



節水に貢献

おふろのお湯が減っても、自動でたし湯を行わないよう浴室リモコンで自動たし湯機能を「無」に設定できます。



追いだき配管のお手入れもカンタン

※フルオートは配管クリーン(自動・手動)、配管洗浄すべてに対応。オートは配管クリーン(手動)のみ対応。

配管クリーン(自動)

浴そうの残り湯を排水すると、自動的に追いだき配管内に残っているお湯をきれいな水(約5L)で洗い流し、配管内をいつもきれいに保ちます。
 
配管クリーン(自動)

配管クリーン(手動)

浴そうの残り湯を排水した後に、"配管洗浄"スイッチを押せば追いだき配管内に残っているお湯をきれいな水(約5L)で洗い流し、配管内をいつもきれいに保ちます。
 

配管クリーン(手動)

配管洗浄

浴そうの残り湯に配管洗浄剤を入れ、"配管洗浄"スイッチを押せば浴そう内の湯 (水)を設定時間循環させて配管を洗浄します。
 

配管洗浄



たくさんのお湯が必要な時に便利

「上部沸き増し機能」※5によりタンクのお湯が約50L以下になると上部ヒータに通電し、約150Lのお湯を確保する機能です。

※5 フルオート、オートタイプ及びDO-4611GPTHのみの機能です。あらかじめ沸き上げ設定を「おまかせ」または「多め」にしておく必要があります。


    

たくさんのお湯が必要な時に便利
※深夜電力契約でご使用のお客さまは、沸き増しは利用できません。



電気温水器の出湯性能の違いについて

その他の給湯関連製品を見る

お問い合わせ

お問い合わせの前に「Q&A」をご確認ください。製品に関するご質問と回答を掲載しております。

お電話からのお問い合わせはこちら

一般のお客様からのお問い合わせは、下記フリーダイヤルへお気軽にお電話ください。

フリーダイヤル 0120-925-339 おかけ間違いのないようにご注意ください。

Webからのお問い合わせはこちら

製品に関するお問い合わせをはじめ、その他お問い合わせもこちらの専用フォームからご利用いただけます。

お問い合わせ専用フォームはこちら

ページTOPへ